スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

家庭教師たる資質

新学期も一月経過して、子供たちも一応落ち着きを取り戻した頃でしょうか。
ちょうどゴールデンウィークが始まってしまいますが、うまくスタートダッシュ出来た子供もそうでない子供も、ゴールデンウィーク明けが仕切り直しになるわけです。

4月早々に家庭教師をつけなかった家庭も、もう一度考え直してもよい時期かも知れません。


私事でお恥ずかしい限りですが、昔、家庭教師をしていたことがありました。
子供をなだめたりすかしたり、必要なら叱ったり諭したり、なんてことが苦手だった私は小・中学生を教えるのは大嫌いでした。(笑)
下調べが大変だったけれど、勉強以外の煩わしい手間がない分、高校生を担当する方が遙かに楽だったし、普通に話が出来るのはこちらとしても大変気が楽でした。

でも今にして思えば、勉強以外の部分の方が子供たちにとっては意義が大きかったのかも知れません。
子供の立場に立ち、彼らの気持ちを理解してこそ動機付けが出来たはずでした。

家庭教師選びは、子供にとっても親にとっても真剣勝負ですよね。
よい先生に当たれば、その後の伸び方がまったく変わってしまいます。

「LFLの家庭教師」という所は、代表の齋藤氏・副代表の吉田氏がが直接相談に乗ってくれるそうなんですが、二人とも1,000人以上の指導経験があるとのことです。
1,000人以上というのは、信じられないくらいすごい数字ですよね。

20:05 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
ハイボール味のゼリー? | top | 女性向けペニオク

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。