スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

理想の快適さ

いつまでたっても、物欲というものからは
なかなか逃れることが出来ません。
いい年をしていて恥ずかしいと言えばそうなのかも知れませんが、
枯れてたまるか、欲しいものはやっぱり欲しい、
とやはり恥ずかしげもなく思ってしまいます。(笑)

こんなことを書くのは、ハーマンミラーのアーロンチェア
「アーロンチェア のある風景」というサイトを見てしまったからです。



良いものは良い。当たり前のことですよね。
そして、そう言う理想の快適さを手にした人がそこにいる。
何と羨ましく、悩ましいことでしょうか。

普段から何時間もキーボードを打ち続ける生活をしていますので
環境にはそれなりのコストをかけて、
可能な限り安楽に仕事が継続できるよう配慮していますが、
残念なことにあくまで「それなり」であって、決して理想の環境とは言えません。
  自然に腕を下ろした位置に肘掛けがあり、
  肘掛けの高さよりもさらに下側にキーボードがなくてはならない。
  肘掛けは、キーボードを打ちやすい位置に肘が置けるように
  可動式でなければならない。
  ディスプレイはその中心が目より下になければならない。
  イスの座面は腰を適度にサポートしなければならない。
これら最低限の条件を満足させるだけのイスは持っています。
でも、それだけではまだまだ理想のすわり心地を持つイスではありません。
アーロンチェアには遠く及びません。

アーロンチェアを買うとしたら、
同じような仕事を持つ同居人とペアでないと収まりがつかないでしょう。(笑)
となると、交換レンズ1本買えてしまいますねー。
買って買えない金額ではありませんが、う~ん・・・まったく悩ましいですね。
要は思い切り、ということなんでしょうか。

23:44 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑
テレビ観戦 - CWC準決勝 | top | 冬のタノシミ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。