スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

地産地消もいいけれど ― 「壱岐の幸サポーター」募集

エコの一形態で地産地消という考え方があります。
地元の産品は地元で消費すると、輸送のコストもかからないし、第一新鮮なものが手に入るわけで、うまく回ればこんなに良いことはありません。

もう一つ、地元の農・漁業を下支えする観点から、こんな取り組みもあるというお話です。

「壱岐の幸サポーター」とは、福岡市北西80キロの玄界灘に浮かぶ壱岐島の農・漁業をサポート仕様という取り組みです。
サポーター(消費者)が参加費名目で商品代金を先払いし、壱岐島の生産者は地元の産品をサポーターに提供する仕組みになっています。
これまでの普通の取引と異なるのは、豊作や大漁の時はたくさんもらえるが、不良不作ならそれに応じた量を受け取ることになる点です。

壱岐の人々に安心して生産に取り組んでもらえることと、サポーターにもかなりお得になることがあるメリットがあります。
生産者と消費者が一体となって成果もリスクも共有するという意味で、まさにサポーターというわけです。

扱い品は、定置網で取るブリやアジ・スルメイカなど海の幸、壱岐米「にこまる」、壱岐牛前バラの部位「ブリスケ」(カルビ)などで、どれも100人のサポーターと共有するとのことです。
宿に泊まって、ファミリーで釣り・調理サービスを受ける、という手もあります。

 
 
17:16 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑
リフォームの前に | top | コンタクトレンズ関連

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。