スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

MAHOROBA

古事記に出てくるヤマトタケルの歌「倭(ヤマト)は国のまほろば 畳なづく青垣山籠れる倭しうるはし」の『まほろば』とは「素晴らしい場所」「住みやすい場所」の意だそうですが、何か懐かしいふるさとを思い起こさせる語感を感じませんか?

その『まほろば』を誌名としたブックガイド 兼 文芸誌が今月創刊されるようです。その名も、Mahoroba
郷土色を押し出した誌面になるようで、グラフィックも「懐かしさ」を感じさせてくれるものになりそうな予感がします。
「美術画報」とか「藝術百家」のような、どちらかと言えばお堅い教育系の雑誌を出しているアートコミュニケーションから出る新刊なので、期待を裏切るようなことはないはずです。

「Mahoroba」Vol.1号は10月7日発行です。
季刊なので早めに予約など手当てしておかないとヤバイかも知れません。



16:26 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
年齢不詳と言われたい? | top | 泡で洗う

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。