スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ウニョン「放熱ララバイ」PV

少々重いテーマを含んでいることに気づいて、ちょっと考え込んでしまいました。
ソウル出身の新進歌手・ウニョンの新曲「放熱ララバイ」のPVのことです。
この曲そのものは、テレビドラマ「怨み屋本舗」のエンディングテーマとして流れているのでご存じの方も多いでしょう。

PVの冒頭、ショーパブ風の場面でいきなり艶っぽいポールダンスから始まって、思わず、「おーっ」と声を上げかけると、またまた画面が切り替わります。
ポールダンス-女子高校生同士の(!)濡れ場シーン-ウニョンの歌-ポールダンス-濡れ場-歌・・・。
パタパタとカットが変わるので気づくのが遅れましたが、説明文を読んでみてウ~ンとうなってしまいました。
主演男性が吉原シュートという人で、性同一性障害を抱えているというのです。
PVの主人公(台詞があるわけではないので、あくまで視聴する側の想像でストーリーを勝手に補っているのでしょうけれど)は、ひょっとして、そのまま吉原シュートという人の等身大になっているのでは?
女性の体で生まれたものの、心は男なのだから恋する相手は当然、女。
これは大変なことですよねぇ。普通の人間には想像さえつかない苦しさなんでしょうね。
自分には切ない思いをした経験さえなく、ひたすら凡庸に暮らしてきましたが、障害をバネにして、こういうPVにまで出てしまう人の強さには本当に頭が下がります。

ウニョンの声質はいいですね。透き通っていて、かつよく伸びる。
まだ若い人なので、まだまだうまくなるんでしょうね。


20:41 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
テクノ? ハードロック? capsuleのFLASH BACK | top | 新規事業関

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。