スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

暮らしと香り

暮らしと香りと題すると、アロマオイルやアロマキャンドルがまず頭に浮かぶことでしょう。
今回話題にしたいのは「香水」なので、そちらの方はとりあえず次の機会に譲りたいのですが、とにかく「香り」を楽しむ習慣が暮らしの中に根を張り始めたことは事実で、これはこれで喜ぶべきことだと思います。
ちょっとしたことにでも満足を得られるような流れこそが、暮らしの豊かさのあり方だと信じますので、こと「香り」についてはどんなアイテムでも歓迎ということで進めることにします。

さて、香水の方はといえば、こちらは普段使いで楽しむレベルにはまだまだ遠いと言うほかありません。
時々、思い出したように特定の海外ブランドが大売れしたりしたこともありましたが、定着するまでには至りませんでした。それはそうでしょう。あっちでもこっちでも、皆同じ香りを身につけていたのでは、しらけるばかりになってしまいます。実際、過去のブームはせいぜい数ヶ月の一過性ブームでしかありませんでした。

ほんのわずかな香りで知性さえ感じさせるような、しかもしっかり個性を主張するといった使い方が出来る大人なら、どれほど周りをうならせることが出来るでしょうか。
滅多に出会わないですが、そんな人とすれ違ったら、やはりうっとりしてしまいますね。
最近知ったのですが、日本にも香水メーカーが存在していて、和のテイストを追求しているらしいのです。
日本には、固有の風土があり、固有の文化があるのだから、これは期待できるのではないでしょうか。
それは武蔵野ワークスという会社で、たとえばオードパルファム『スイカズラ(ハニーサックス)』といった和をテーマにしたものが出ています。
自然なかわいらしさが感じられるはずで、そういうイメージの女性にぜひ使って頂きたいですね。

話は続きまして、なんとこの会社、男性用にもオードパルファム『樹海』を出しているんです。
コメツガ+シトラスで甘くなく、大人の男性用に仕上げられているとか。
こういうものをさりげなく(絶対に嫌みにならないように)使いこなせるようになるためには、結局、使い続けるしかないのでしょうね。




23:16 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
思い出を写真集に | top | 水の安心・安全

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。