スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

水の安心・安全

清浄で不純物がなく、ウィルス等の病原菌は言うまでもなく、ダイオキシン・ホルムアルデヒド等の化学物質(環境ホルモン)まで完全に除去した水が安心・安全なものだと言えると思います。

10年前、あるいは20年前にはまったく考えられなかったことですが、今ではどこの家庭でも飲み水はペットボトルで買うもの、という習慣が定着しているようです。一時、水道水が臭ったり、不純物が混入したりしたことがあって、公共水道の信用が落ちてしまったことが、この習慣が定着するきっかけだったはずですが、今では水道の水質も見違えるほど良くなったとは言え、一度よりよいものを知ってしまうと元には戻れなくなるものですね。

安心・安全についてもう一つ付け加えておきたいことは、
水の備蓄の必要性です。
実は阪神大震災を経験したのですが、震災直後は水道が止まり、ペットボトルの水を買うにもどの店も売り切れていて本当に困りました。
以来、1週間分の飲み水は必ず用意していますし、風呂の水も次の日に入る直前まで落とさないようにしています。

一番賢明な水の用意の仕方は、AW・ウォーターのような、大きなボトルを配達してもらってECOなウォーターサーバーで使うやり方のような気がします。

これなら、NASAで用いられている方法で完全にクリーンになった水が手に入り、しかもペットボトルの水とたいしてコスト差もありません。
また、ペットボトルの水と違って、海洋由来のミネラルが添加されて日本人好みの高度29.7の軟水に調整までされているので、味の点でもペットボトルの水より優位です。
ECOスイッチ付ウォーターサーバーというものまであって、電気代も節約できるそうです。
なかなか良くできています。




18:58 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
暮らしと香り | top | 懸賞プレゼントサイトのおすすめ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。