スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

治験はボランティア

治験(ちけん)という言葉を聞いたことがおありでしょうか?

治験とは、開発した新しい薬の効能や安全性を確かめるために、人が実際に身をもって確かめることを言います。

もちろん、事前に動物実験などで新薬の有効性・安全性は十二分に確認された後に治験が行われることは言うまでもないことですが、
正直なところ、この「治験」という言葉には人がモルモット代わりにされるのではないかという恐ろしさを感じてしまうのは私ばかりではないでしょう。

しかし、治験の有力企業であるインクロムという会社のサイトを見て、「治験」のイメージがずいぶん違うものになりました。

まず、お金のためにやむなく治験を受ける人がいるのではないかという偏見が全くなくなりました。
というのも、サイトでは治験は治験ボランティア
の協力があって初めて成立するものであることが繰り返し述べられており、
いわゆる「報酬」に関する記述が一切見あたらなかったからです。
治験ボランティアに対して支払われるお金は実はあるのですが、それは負担軽減費として説明されていて、そこでも金額の話はまったく出てきません。
つまり、純粋にボランティアが求められているのであって、バイト感覚の人はサイトを読むうちにおそらくは参加をあきらめるようになるはずです。

健康な人も、糖尿病などの生活習慣病を持つ人も治験ボランティアになることが出来ます。
たとえば糖尿病を持つ人が治験を受けることで、自分の病状をより詳しく知ることが出来るというメリットにもなります。

治験ボランティアの善意と協力によって、病に苦しむ人々によりよい薬が届けられることになる、っていい話ですよね。



21:07 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
財布と金運 | top | 中村あゆみのカバーで「僕が僕であるために」

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。