スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キーボードのお掃除

キーボードのお掃除は、どうしていらっしゃいますか?

キーボードにはソフトカバーを掛けているから大丈夫?
でも、大多数の人はカバー掛けずにキーボードを使っておられると思います。

私はキーボードにはこだわるタイプなので、触感が悪くなるのでカバーは掛けません。
そもそも(大げさですが・・)キーボードはタッチが命なので、
何時間でも気持ちよくタイプを続けるためには、お気に入りのキーボードがいいコンディションでなければなりません。
今使っているものはメカニカルタイプでストロークが深いものなんですが、
独特の音(うるさいと言われることもしばしばですが 笑)がとても小気味よく感じられます。

こだわりを持っていてもいなくても、キーボードは結構汚れるもの。
キートップは簡単に掃除できますが、キーとキーの間にゴミが入ってしまうと、
取れなくて困ってしまいませんか?

そんな時は、キーボードキャップはずしキーボードキャップはずしとロケット型ブロアロケット型ブロア
が役に立ちます。

キーボードキャップはずし





ロケット型ブロア




特殊工具販売の「ジャパンホビーツール・ドットコム」というところから出ているのですが、
この会社はカメラ修理関連の特殊工具が得意で、
東急ハンズやドバシカメラなどに行ってもここの商品が買えます。
工具関係がお好きな人は、ここのサイトに行ったら、楽しくて楽しくていくら時間があっても足りなくなるのでご用心のほどを。

キートップをはずす特殊工具は、ほかにペンチ型の挟むタイプがあるのですが、
キー間が狭いタイプだとうまくキートップを外せません。
でも、「キーボードキャップはずし」のように、細いワイヤーをキー裏に引っかけて引っ張り上げるタイプだと、どんなキーボードでも大丈夫だし、キートップに傷もつけません。
長い間掃除せず、汚れがひどいようでしたら、キートップを全部外してネットに入れ、洗濯機で丸洗いしてください。無茶苦茶なようで、実はしっかり洗えます。キートップがだめになることも、まずないはずです。(責任はもてませんが。笑)
ただし、あらかじめキー配列を記録しておいてくださいね。
究極のパズルは、あなたの寿命を縮めてしまいますので。
21:27 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑
リンク | top | タイトルなし

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。