スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

自分の著作権の守り方

「著作権」という言葉は、今ではずいぶん耳慣れたものになりました。
著作権侵害で訴えたり、販売の差し止め請求が出されたり、
メディアに謝罪広告を出すよう求めたり、よくニュースで取り上げられていますね。

それでは、よく見聞きする「著作権」って、どういうものか説明できますか?
と問われるとハタと困ってしまいます。
話題になることが多いのにもかかわらず、意外によく知られていないのが「著作権」なのかも知れません。

著作権とは、特許権・実用新案権・意匠権・商標権などと同じ知的財産権の一つです。
財産権ですから、他人が勝手に使うことを法的に排除することが出来ますが、
特許権・実用新案権・意匠権・商標権などと決定的に異なることがあります。
他の権利が公的に登録することで権利が認められるのに対して、
著作権は、著作者が何か創造しただけで発生するもので、
公的な登録が不要だということです。

しかし、実際には「公的な登録が不要」だという利点よりも、
「公的な登録制度がない」デメリットの方が問題になるようです。
つまり、何か創造した時点で著作権が生まれるのはよいのですが、
無断でマネされても自分の方が先に公表した事実が証明できなければ
うやむやにされかねないのです。

有名な人が有名なメディアで著作を発表した場合には
いつ、誰が、何を、どこで公表したか明らかなので何の問題も起きないでしょうが、
普通の人が自分のHPやブログに小説や写真を掲載したからといって
著作権を主張しても、第三者に対して主張を通すのは結構骨が折れるかも知れません。

公的な認定機関がないのなら、それに準ずるようなところで「登録」するのが望ましいでしょう。
私的なところでも、法律事務所や行政書士事務所でそのようなサービス(著作権登録)を提供しているところを探せばよいわけです。
14:44 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑
子供服リンク | top | 自分好みに出来る無料学習サイト

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。