スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

A3スキャナーの使いみち

A3とA4、2台のフラットベッドスキャナーを持っています。
A3はポスターやカレンダーなどグラフィックをデジタルデータに落とすために、
A4は印刷された文書をOCR処理してテキストデータを得るために使っています。
一応の処理に不満はないのですが、A3機はとてつもなく大きくかつ重いもので、
部屋のレイアウトを変えることさえ並大抵の決意では出来ません。(笑)

時代の波は大変なスピードで流れているようで、
コクヨから出たキャミナックスWは、A3機でありながら
W353×D150×H170mmというサイズで、しかも本体重量1.66kg!
今持っているA3機が10倍以上の重さなので、本当に信じられないくらいです。
いや、技術革新ってすごいんですね。

読み取り方式がCISなので小さく作れたわけなんですが、
別売りのスキャンシートに挟めば新聞(A2)も処理出来るし、
あこがれのオートフィーダ(今のには付いてないんです)で、さくさくスキャンできそうです。

これまで、ポスター・カレンダーのスキャンしか考えたこともありませんでしたが、
ありとあらゆる紙媒体をデジタルデータ化するのに良いかも知れませんね。
ビジネスパックを選択すれば、
スキャンデータをワード・エクセルにファイリングしてくれるソフト(さくっとファイリング)や、
PDF作成・編集ソフト(クセロ瞬間PDF Plus)、
名刺をOCR処理してテキスト化してくれるソフト(Presto! BisCard)、
プリンタのインク・トナーの消費量を抑制してくれるソフト(エコぷりんと2 インク&ペーパーセーバー)も同梱されているので、
ソフト価格を考慮すればこちらの方がかなりお買い得に思えます。

ご興味をお持ちの方は、キャミナックスW・タウンでお確かめください。
ちなみに、ヤギがたくさん出てきますが、
これは多分、紙を食べる=紙をなくしてデジタル化してしまえ!のココロかと思います。

ヤギさん


18:19 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑
ケータイを手元でリモートコントロール | top | デスクサイドにも春を

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。