スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

通勤時間に何をしていますか?

結構長い通勤時間をどう過ごすか、悩んだりしませんか?
つかの間の睡眠時間だったりしてもよいのですが、
私は何か読み物を読むようにしています。
もともと活字がなくては生きられない性分でしたし、
漫然と時間を過ごすのがもったいないような気がするからです。

それなら新聞を、というのが普通の展開ですが、
混み合った車内では、たとえうまく折りたたみながら読めたとしても、
やはり迷惑になっているのでは、と気兼ねを感じてしまいます。
そこで、ケータイで雑誌や文庫本を読む試みを始めました。

もともとデジタル化された書籍データがあれば
それをケータイに転送して使えばよいのですが、
ネットで配信されているものに読みたいものがなければこの手は使えません。
結局、自分の読みたいものは自前で作る以外ないのかも知れません。
そういうわけで、ここしばらくは
 1.フラットスキャナで読みたい本をスキャニング
 2.画像ファイルにしてケータイに転送
 3.車内で読む
というやり方でなんとかしのいできました。
きちんと文字が読める画像の大きさを確保すると、
読む時に画面を送る作業がなかなか面倒でして、
これはiPhoneを(そのうちに)買えば解決できると思っています。

このやり方で一番の問題は、スキャニングに手間がかかって仕方がないということです。
結果として読書の快楽が得られるとしても、この作業の繁雑さはハンパじゃありません。
ページを開けてスキャンし、次のページを開けてスキャンし・・・
スキャンする間本を上から押さえたりするので、
ひょっとすると1時間以上スキャナワークで時間がつぶれてしまいます。

こんな悩みを抱えている時に目にしたのがScanSnapの情報でした。
ScanSnapは富士通系の会社 PFU のスキャナです。
キーボード好きの人ならきっとHappy Hacking Keyboardの名を知っているはずですが、
PFUはあのキーボードのメーカーだったんですね。
スキャナとしての最大の特徴は、両面同時に読み取れ、自動給紙してくれることです。
本をばらして積んでおくだけで、あとはスキャナにお任せできるなんて、
これまでの手間暇を考えるとまるで夢のようです。
また、次々に読ませておいて、自動的にデータとして蓄積する仕組みが用意されているので、
私のような用途以外でも、紙の資料をデジタルデータに変換するのには最適なのかも知れません。
とにかく手間いらずで簡単そうなのには魅力を感じます。

コスト的にも、もともと同梱されているAdobe Acrobat8が
最新版のAcrobat9に無償でアップグレードできるキャンペーンが実施されていて
これは大変買い得感があります。
なにしろAcrobat9は36,000円ほどしますので、この機会を逃さず利用したいですね。
期間限定(来年1月31日まで)かつ先着10,000名限りとのことですのでお早めに。

22:15 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑
マンション口コミ(くちこみ) | top | 秋の旅行は、電車派? それとも車派?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。