スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ハイボール味のゼリー?

お酒にも流行があるようで、ウィスキー、ビール、ワイン、皆それぞれ一時代を画したブームになりました。
去年でしたか、突如ハイボールがブームになったのも記憶に新しいところですね。
ハイボールはまだまだ受けているところですが、とにかく、ウィスキーのうまさが見直されたのはうれしいことです。
いろいろなお酒が楽しまれるのは、いろいろ新しい飲み方が生まれることにつながるはずで、これもまたうれしいことですね。
新しい楽しみ方が紹介されれば、それでまたおいしくお酒がいただけるわけだし。(笑)
お酒の新しい飲み方には、どうも女性が密接に関わっている気がします。
お酒を飲ませようとする男性の側が、一生懸命創意工夫するんでしょうかね。
色鮮やかなカクテルなんかも、女性を意識して創案されたものが多いように思います。

ハイボール館というところが、ハイボールのゼリー「プチハイゼリー」を作っています。
女性が気軽にハイボールを楽しめるように作ったそうなのですが、フルーツゼリーのようなきれいな色でいかにも女性好みの感じながら、アルコール度数はしっかり7%とパンチが効いていそうですね。

女性向けとはいえ、暑くなってきたら、これをシャーベットにして食べたら結構イケルんじゃないでしょうかねぇ。

スポンサーサイト
22:57 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

家庭教師たる資質

新学期も一月経過して、子供たちも一応落ち着きを取り戻した頃でしょうか。
ちょうどゴールデンウィークが始まってしまいますが、うまくスタートダッシュ出来た子供もそうでない子供も、ゴールデンウィーク明けが仕切り直しになるわけです。

4月早々に家庭教師をつけなかった家庭も、もう一度考え直してもよい時期かも知れません。


私事でお恥ずかしい限りですが、昔、家庭教師をしていたことがありました。
子供をなだめたりすかしたり、必要なら叱ったり諭したり、なんてことが苦手だった私は小・中学生を教えるのは大嫌いでした。(笑)
下調べが大変だったけれど、勉強以外の煩わしい手間がない分、高校生を担当する方が遙かに楽だったし、普通に話が出来るのはこちらとしても大変気が楽でした。

でも今にして思えば、勉強以外の部分の方が子供たちにとっては意義が大きかったのかも知れません。
子供の立場に立ち、彼らの気持ちを理解してこそ動機付けが出来たはずでした。

家庭教師選びは、子供にとっても親にとっても真剣勝負ですよね。
よい先生に当たれば、その後の伸び方がまったく変わってしまいます。

「LFLの家庭教師」という所は、代表の齋藤氏・副代表の吉田氏がが直接相談に乗ってくれるそうなんですが、二人とも1,000人以上の指導経験があるとのことです。
1,000人以上というのは、信じられないくらいすごい数字ですよね。

20:05 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

女性向けペニオク

ペニーオークションというのがはやり始めているそうですね。
中古品ではなく、新品がオークション入札の対象であること、コイン(手数料)を払って入札参加することなどがその特徴のようなんですが、危険もなくひょっとしたら安値で新品のブランド品が手に入るかも知れないという点が受けているわけですね。

ことに先月オープンしたばかりのエンオクというところは、たぶん女性を意識したのだと思いますがブランド品の品揃えがあるのが人気になっているようです。
コインを払わなくてもよいフリーオークションが頻繁に行われているのも好印象で受け入れられているのかも知れません。
スリルを楽しみつつ、ひょっとしたらブランド品ゲット、というのはなかなかたまりませんね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

12:46 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

やっぱり行きたい、W杯

W杯開幕が、あと一月ちょっとに迫りました。
普段Jリーグとかはあまり見ないなんちゃってファンなんですけれど、
さすがに4年に一度の大イベントとなると話は違って、とっても気になっています。

当然ながら、本番はテレビでしか観戦出来ないでしょうけれど、
Visaのキャンペーンで「Visa 2010 FIFAワールドカップ?応援キャンペーン」というのがあって、対カメルーン戦、対オランダ戦などの応援ツアーが当たるという企画があるんです。
Visaカードの保有を問わないというのですから、これは素晴らしい!ですよね。
条件としては、日本国内居住の18歳以上なら誰でも応募可とのことです。
これって、ほぼ制限なんて無いということじゃないですか。
万が一、ひょっとしたら、ということも考えられなくもない、なんて楽しい想像をしながら抽選結果をひたすら待つのも一興かも知れませんね。

南アフリカへのチケットのほか、さまざまな企画があるようですが、
サークルK・サンクスでビザ タッチを2,000円使って公式試合球(ジャブラニ・ミニ)をねらう方が現実的でしょうかね。






22:50 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

いちご酒ってどんな味?

カラフルな物を見かけると、ずーっと見つめてしまう癖があります。
どうしてそうしてしまうのか自分でもよくわかりませんが、とにかく見入ってしまうんです。
きれいな物を見つめていると気持ちが落ち着くのは確かで、それは別に絵画や写真でなくてもいいんです。



果実酒の写真なんですが、果実って本当に色鮮やかで美しいと思いませんか?

今はちょうどイチゴがおいしい季節だし、イチゴの果実酒を作ってみるなんていいかもしれませんね。
飲めるまで少なくとも1月かかるそうですが、飲み頃の3ヶ月が経っても相変わらずずーっと眺めているかも知れませんが。(笑)

果実酒は甲類焼酎で漬けるそうですが、これは、甲類焼酎が連続蒸留によって雑味がないという特徴を持つからなんでしょうね。
イモの味や香りがしては、せっかくの果実の風合いが無くなってしまいますもんね。
ところで、甲類焼酎は明治43年に「新式焼酎」として登場したのが始まりとのことで、今年はちょうど甲類焼酎の100周年なんだそうです。
果実酒の歴史は、どれくらいになるんでしょうか。

果実酒キャンペーンでホワイトリカー2本当たるそうなので、応募してみてはいかがでしょうか?

20:00 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑


冬季オリンピックとスケートワールドカップが終わって一息ついたところですが、次の楽しみと言えば、もちろんサッカーのワールドカップですよね。

今日現在で、あと45日に迫ってきましたが、南アまで行く方も中にはいらっしゃるんでしょうね。
半ばうらやましくもあり、半ばあきれる気持ちもあったりして。(笑)

自分のお財布でチケットを買えなくても、実際にFIFAワールドカップに行けるかも知れないいい手があるのをご存じでしょうか?
「Visa FIFAワールドカップ(TM)応援ツアーキャンペーン」がそれで、Visaカードを持っていなくても、18歳以上であれば応募できるんですね。
何と太っ腹なことですね。





15:02 | 未分類 | comments (0) | edit | page top↑

サクラが終わったら、カニなんですねぇ

カニの季節は冬の寒い頃に決まってる?
そう、その通りなんですが、それはタラバのお話ですね。



カニ好きはカニ味噌命な訳なんですが、カニ味噌がいやほど食べられるのはタラバじゃなくて毛ガニなんですね。
しかも、毛ガニはオホーツクに限るし、オホーツクで毛ガニ漁が始まるのはこの時期、流氷が去った頃なんです。
関東以西ではサクラが終わるちょうどこの時期からが、毛ガニの本格シーズン突入になるんです。

北海道は、その昔、カニ族になってうろうろ回ったことがあるんですが、当時貧乏学生でカニまで回すお金がなくて寂しい思いをしたものです。
考えてみたら、カニ族なんて言葉自体がもう死語になってしまいましたね。
今は安く旅行に行く方法だってあるし、そもそも遠くまで行くまでもなく、新鮮な毛ガニが家にいながら手に入れることだって出来てしまいますよね。

マルゲン後藤水産極太タラバガニ、一度買ったらたぶんハマってしまうこと請け合いです。
量のすごさに誰でも驚くはずです。もちろん、味の方も一級品ですよ。

20:07 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

もう決めなくっちゃ。母の日プレゼント




あれこれ考えているうちに、4月も半ばを過ぎてしまいました。
そろそろ決めておかないと、間に合わなくなってしまいますね。
何のことか? もちろん、母の日プレゼントのことです。

離れて暮らしてはいますが、いつも何かと気にかけてくれる母に、そういえばろくに感謝の気持ちも伝えていないことに気づくのが毎年のこの時期の常です。

ふと「ありがとう」の一言を言いかける瞬間もたまにはあるのですが、
そのたびに飲み込んでいました。なんか、照れくさいんですよね。

毎年何か送るようにしているんですけれど、今年は直接花を持って行こうかな。
母のばら寿司もずいぶん食べていないことだし。

「第一園芸」オンラインショップのアレンジメント「カプリースオレンジ」【母の日】って、オレンジのグラデが豪華で派手ですね。
これなら見栄えもいいし、大きな顔が出来るかな。
22:30 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

すっきりさせたい? すっきりスル~む

すっきりスル~む」というのは、エスエス製薬 スルーラックの特設サイトで、日頃の心のモヤモヤ(うっぷんと言う方が当たっているのかも)を投稿しようというものです。

すっきりさせたいものは物理的なもの(お食事中の方、ごめんなさい)だけじゃない、心の中のモヤモヤもすっきりさせたい!させてあげたい!という趣旨なんですね。

すっきりスル~むの投稿を見てみると、皆さんまだ少しおとなし目の投稿が多いかな、という感想を持ちました。
でも、自分に照らしてみて、それはあるなぁと同感するものが多いですね。

抽選で携帯エコヒメや100万円相当のトイレリフォームが当たるそうなので、心のモヤモヤを解消したい方、悩みを共感したい方、投稿なさってはいかがでしょうか。

もちろん、物理的なモヤモヤはスルーラックでスルーしてくださいね。


20:15 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

インパクト満点! 100万円争奪宝探し

不景気だというのに、うれしいことに100万円ゲットのチャンスが転がっているんですねぇ。
いやはや、驚きました。



100万円の宝探しをするイベントが神奈川県城ヶ島で行われるそうです。
実施は 2010年4月24日(土)

条件は「誰よりも早く宝箱を発見すること」だけで、
参加資格は、18歳以上、メルマガ購読者 等々 詳細は上記のリンクから「タカラッシュ!GP(グランプリ)」特設サイトへ飛べますので、サイトの方でご確認を。

もし100万円手に入ればなんて考えると、子供みたいにわくわくしてしまいますが、お近くにお住まいで当日予定がない方は、いい気分転換になりそうですね。
私も近くなら絶対行くんですが・・・。




18:29 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

通販でポイントゲット

通販は通販でもネット通販のお話です。

TV通販サイトの良品プラスというサイトでは、すべての商品がポイント対象になる「会員様限定!Gポイントプレゼントキャンペーン(全商品購入対象)」というのを実施しています。
100円買うと1ポイント付くんですが、この良品プラスポイントは等価でGポイントに交換できるんです。

また、期間限定ですが、3,500円以上買うと全員に大地の青汁プラス10包プレゼントがあります。
青汁は体によいと聞きながらまだ試していない方は、こういうチャンスを利用するのも手ですね。

商品ラインナップでは、健康食品・サプリメントのコーナーにある「まんま野菜」というのが面白いです。
有機野菜をフリーズドライにした商品で、珍しいのでちょっと試してみたい気になりますね。




18:09 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

深層保湿に興味あり

おじさん族の身の上故、本来、化粧品にさしたる興味はありません。
ただ、乾燥肌というか、カサカサでカユカユで日頃から煩悶の日々を送っています。
ということで、唯一、お肌しっとりケアなんて言われると、ついついいろいろ調べたりしてしまいます。






ライスフォースというのですが、ずいぶん評判がよいようで、92%がうるおいに満足しているのだとか。

同じ肌質の母に贈っておいて、普段の無沙汰の罪滅ぼしをしつつ、ついでにその感想とか聞いてみるというのはなかなかのアイデアではないでしょうか。
23:24 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

ローズウォーター

ローズウォーターが流行っているそうですね。
ローズウォーターは、飲むと汗などのにおいを防止して、口のにおいも気にならなくなるのだとか。

ローズウォーターの名前は耳にしたことはありましたけれど、飲むためのものもあったんですね。
私は化粧水の一種だとばかり思っていましたが、両方あるそうです。

新しもの好きの母は、たぶん、ノムバラのことは知っているかも知れませんが、そこをあえて母の日のプレゼントにするのもよいかなと思っています。
子供の頃、よく母にバラジャム入りの紅茶をいれてもらっていました。
あれは本当においしかった。
きっと、母もローズウォーターを手にしたらあの頃のことを思い出してくれると思います。

ここの「ローズウォーターNO─MU─BA─RA」は、ローズオイル成分を分離させない製法をとっているため、一般品の3~5倍のローズオイル成分を含む高品質とのことなので、華やかな香りがきっと母を満足させてくれるはずです。




22:55 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

今旅行に行くなら

今旅行に行くなら、中国でしょうか。
これから万博で盛り上がるはずの上海は、物価が上がると思うので遠慮することにして、やはり北京を中心に観光ということになるでしょうね。

北京市内で京劇を観て、北京料理の有名店に行き、もちろん、紫禁城と万里の長城は絶対外せません。

ところで、どうやって北京に行くかが思案のしどころです。
ツアーだって最近は安いものがあって心惹かれるわけですが、ここは自分の好きに出来るプランを立てたいものです。

そこで、北京 ホテル検索のエクスペディア (Expedia Japan)というわけですね。

ここは世界最大のオンライン旅行会社で、直前割引とか最低価格保証とか、ホテルと航空チケット選びに心強いサービスを提供してくれます。
習い覚えた中国語の技倆を試すにはいい機会と考えて、勝負の旅行に出たいものです。




15:37 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

母の日に、ひと味違ったプレゼントは?

母の日に毎年同じようにカーネーションというのも悪くはありませんが、たまには少しひねってみようか、なんて思うことはありませんか?



ひねりを効かすなら、意表を突くようなものがいいですね。
しかも、あとあと役に立って、感謝してもらえるようなものだとなおいいですね。

岩盤浴ベルト」は、そういうプレゼントになりそうです。
最近腰や膝が痛くなったと、母がこぼすのを思い出して、これなら喜んでもらえるかな、と直感しました。
岩盤浴サロンは衛生問題が報じられて以来下火になってしまいましたが、岩盤浴ベルトなら、海化石・ゲルマニウムの温熱効果が期待できて、しかも自分で管理するわけだから当然清潔ですし。

母の日にこういうものを贈るのはとても意外性があって、喜んでもらえるのは間違いないことでしょう。


毎月1000台以上売れている人気商品だそうで、品質的にも信頼が置けそうで安心です。

20:43 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

孫好きな親を持つ世代向け写真共有

デジカメ写真を共有する方法にはいくつも種類があると思います。
カメラメーカーが運営するサイトを利用してもよいし、ポータルサイトの中にも似たような写真ストレージがあります。

そんな中で、せっかく共有するのだから最大限のメリットを生み出せるのはどんなサービスかと考えると、町の写真屋さんが発展したようなところが、どちらの立場もわかっている点で良さそうだと言えそうです。
ちょうどカメラメーカーとカメラユーザーとの間に立ってくれるわけです。

フォトブックはそういうサイトで、たとえば、ここの「フォトゲット」で写真共有をすると、
小さな子供のいるお父さん・お母さんが「フォトゲット」に子供の写真を上げ、地方のおじいさん・おばあさんがこれを共有、自分たちの好きなようにアルバムを作ったり出来るわけです。
一方では、息子(娘)夫婦は写真の焼き増し代・アルバム代を気にせず親孝行が出来るし、親夫婦は子供世代に負担をかけることなく孫の写真をあれこれいじって楽しめるわけです。

孫大好きおじいさん・おばあさんを抱える子世代にはうってつけのサービスですね。




16:26 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

ネット上にある音楽コミュニティ

中・高時代はろくに勉強もせず、ひたすら音楽ばかりやっていました。
オケにも入っていたし、コーラスもやりました。
どちらかと言えばクラシックの方にかたよっていたわけですが、個人的にはなんでもOKの雑食派で、カーペンターズも好きだし、エリック・クラプトンだって好きでした。
友達のバンドに助っ人でかり出されたことも何度かありました。

今思えば、身の回りにある音楽だけを追っていた感じですね。
他人の音楽に刺激を受けるにしても、ずいぶん範囲が狭かったわけです。

刺激を受けると言えば、面白いのはこれからメジャーに上がりそうな人たちではないでしょうか。
アンジェスパーティーというサイトがあって、ここではプロとプロ予備軍とそのファンもしくは友達が音楽コミュニティを作っています。
刺激を発信する側と受け取る側が、相互にコミュニケートできる場というのは貴重ですね。
22:52 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

歯の治療関連のオススメ情報

高齢化になっていてなかなか病院に通うのも大変な場合もあるため、
世田谷区 在宅診療のサービス検討しています。

また食欲が最近無いため世田谷区 胃カメラで検査する必要性がありそうだ。

移動手段が車椅子だから電車や車で外出するのも一苦労である。



アトピーなどに
ゲルマニウムには効果があるのだろうか。

一時期流行っていたけど最近はあまり聞かないけどコアなファンに支えられているのだろうか。



今度家族記念日沖縄旅行にいく予定だが
旅行先で歯が痛むとやっかいなので鎌倉 歯医者で先に治療を行いたいと思う。

歯の悩みは人によって異なるが矯正歯科
インプラント 京都も多くの需要があって歯医者さんが増えているのも納得できる。

なんでもコンビニの店舗数より歯医者の方が多いそうだ。

会社が表参道にあるが歩いていると美容室もたくさんある。

大宮 美容院が家から近いから今度良さそうな美容室を探してみようと思う。

コンタクトレンズも在庫が少ないから新しく購入する必要がある。

ネット銀行での対応もしているらしく便利な世の中になったものだ。

暇つぶしにはチャットがオススメである。

遠く離れていても通信費だけで会話もできてカメラをつければテレビ電話みたいな機能もついている。



資格を取得するならせっかくなら役に立つ技術が欲しいので、エステ スクール
ネイル スクール
アロマスクールなどを検討している。

また接客業も好きなので飲食 求人サイトで情報をみるのも日課である。

ネイルスクールなどでAKB48のメンバーに偶然会えたりしないかな・・・。

19:05 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

セブンネットショッピングの「こだわり専門店」

セブンネットショッピングに、そのお店(会社)がこだわり抜いた商品を紹介している「こだわり専門店」があるのをご存じでしょうか?

セブンネットショッピング

エンタメ|食と生活|ファッション|美容・健康|子供・教育|趣味・実用
の6分野に現在34店舗が軒を連ねる格好になっていまして、それぞれ独自のこだわりを発揮しています。

少し前からユニバーサルデザインに興味があったので、私は、「こだわり専門店」のなかでも「トライポッド・デザイン」というお店が気になりました。

ユニバーサルデザインは、もともとは障害がある方が自由に道具を使えるようにするための意匠なのですが、純粋にデザインとしてみても秀逸なものが多く存在します。
しかも(当然のことながら)障害を持たない普通の人にとっても使いやすい道具であって、見たこともない発想で作成されてものさえあります。

ユニバーサルデザインに特化したお店であることだけでも、ユニバーサルデザインに対する思い入れといいますか、こだわりを感じて、思わず応援したくなりました。

サスティナビリティ(自然や環境に配慮したデザイン)、ユニバーサリティ(あらかじめ様々な使い手を想定したデザイン)、インタラクティビティ(使い手との対話型デザイン)の3つがテーマだそうで、ウンウンとうなづいてしまいます。(笑)

特に心ひかれたのは、Line ライン (マウスカッター)と名付けられたカッターです。

カッター本体はちょうどパソコンのマウスのような形になっていて、自由曲線をすらすら切り抜いたり、丸でも三角でもお好みで切り抜けるというシロモノです。
こんなの見たことありませんよね。
愛らしいアースカラーもGoodです。文句なしにこれは1つ欲しいです。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト


23:17 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

化粧は自分でするもの?

ごく普通に考えれば、一定の年齢になれば女性は自然に化粧をするもの、と理解してよろしいんでしょうか。
化粧するのは男社会に原因があるとか、そういったご意見もあるかもしれませんが、そのあたりはここでは触れないことにしたいと思います(笑)。
だいたいのところ、高校生くらいになると化粧し始めるものと思っています。
それがだんだんと技術的にもレベルが上がってきて、やがて自分の化粧スタイルのようなものが確立されるんでしょうか。
ご自身の好みもあって、ほぼ毎日同じ顔ができる、ということになるわけですね。

化粧は、女性にとってヨロイカブトのように即戦体制を整えるものだとすると、一度、プロのサロンメイクをお試しあれ。
プロならおなたの顔をそう変えてくれるか、体験してみるとよいかもしれません。
あなたの顔立ちに、あなたのお好みメイクが合うとは限りませんしね。





22:10 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

うまそー! 本格“ヴェリーヌ”

スイーツの話をするのは気が引けるトシなんですが、これは!と思わず膝をたたきそうになったのが(笑)<重ねDolce>です。

プリンに目がないもので、この手のおいしそうなものには、つい手が出てしまいますね。
verrine


<重ねDolce>は、3月30日に発売されたばかりで、発売元メグミルクでは本格“ヴェリーヌ”と呼んでいるようです。
ちなみに、ヴェリーヌ verrine という言葉はフランス語の造語で、verre(ガラス)とterrine(テリーヌ)をあわせたものらしいですね。

ベリー&フロマージュプリンとダブルカスタードプリンの2種類あるそうですが、当然、両方とも試さなくては気がすみませんね。(笑)

詳しくは、<重ねDolce>のスペシャルサイトをご覧になってください。




14:48 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。