スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

映画で寝正月

暇つぶしネタが続き恐縮です。ただしお役立ち情報も含んでいますので最後までおつきあいのほどを。

シネマ・コンプレックスonフレッツがインターネット対応!gooブロードバンドナビにて配信を開始!

前にも触れたことがありましたが、
映画好きだけれどわざわざ借りに出かけるのはちょっと・・・と私のような面倒くさがり屋にありがたいのがシネマ・コンプレックスonフレッツなどの配信サイトです。
ハリウッドメジャースタジオ作品が家から一歩も出ずに見られるのですから、こんなにありがたいことはありません。
ただ残念だったのがフレッツ会員限定のサービスだったことです。

しかし今回、gooの動画配信サービスgooブロードバンドナビを経由して配信されることになりました。
つまり、フレッツ会員限定ではなくなり、インターネット環境があれば誰でも手に入ることになったわけです。
敷居が低くなった上に、オープニング記念とかで1/15までは対象41作品が200円で見られる大盤振る舞いになっています。
また、ハリウッドオリジナルグッズが当たるかもしれませんよ。

見なかった作品も結構ありますので、お正月は暇だし(笑)このチャンスを生かそうかなと思っています。

決済はgooのらくらく決済を使用しますが、
ここでも私のようなクレジット決済アレルギーの人間でも安心なのは
電子マネーちょコムやイーバンクで支払いが可能なことです。




続きを読む
スポンサーサイト
22:49 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

インターネット電話

前回がインターネットテレビだったので、今回はインターネット電話です。
インターネット電話と言えば、一般的にはインターネット網を利用した無料電話のことを指すということでしょうか。
しかし、実際には、インターネット網の両端、つまり送話者とインターネット間およびインターネットと受話者間が有料電話になるものが多いですね。
完全に無料なものとなると、送話者・受話者ともにパソコンでメッセンジャーソフトを使うものに限られるようです。

利便性を追求すれば有料サービスしかないし、無料にこだわればパソコン必須となるわけです。

私自身はいつも自宅のパソコンに張り付いていられることもあり、
もっぱら無料にこだわってSkypeを愛用してきました。

たまたまプレスブログのリリースによって、NTTコミュニケーションズとMicrosoftが組んで
Windows Live Call by ドットフォンというインターネット電話サービスを始めたのを知りました。

無料にこだわってきたものの、パソコンを起動していない相手には、携帯なり固定電話になり電話をかけざるを得ないので、
そういう場合はSkypeの有料サービスを使っていました。
もっと安価なサービスがあるならもちろんそちらの方が良いに決まっています。

ということで早速サイトへ行って調べてみましたら、Skypeとほぼ同じ内容のサービスであることが分かりました。
詳しいところまでは比較し切れていないのですが、
料金支払いの手間が要らず簡単なのは間違いなくWindows Live Call by ドットフォンに軍配が上がりそうです。
オンラインでクレジットカード決済をするのが嫌な人には、口座振替が利用できるのはメリットがあるはずです。
肝心の料金ですが、それほど固定電話に電話を入れる回数が多くない私の場合は
Windows Live Call by ドットフォンの方が安くなりそうです。

他に気になるのは音質ですが、これは050IP電話なので問題はないでしょう。
12/31までに申し込めばイヤフォンマイクが全員に頂けるそうなので、
とりあえず試してみることにします。
23:13 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑

インターネットテレビ

最近の統計数字の正確なところは知らないのですが、
インターネットの普及率が相当なレベルになっているのは間違いないと思います。
感覚的な表現で恐縮ですが、たぶん、一般的な家庭では8割以上に達しているのではないでしょうか。
主にウェブで調べ物をするとか、ブログを書くというのが使用法の大半でしょうが、
インターネットテレビを楽しむ人も増えているようです。
Youtubeのような動画サイトも、広義ではインターネットテレビに含めて良いと思いますが、
ここではオンデマンドのペイテレビをインターネットテレビと位置づけてみます。

インターネットの最大の特徴であり利点となるのが
その双方向性にあることには異論がないと思います。
インターネットテレビもしかりで、
コンテンツを選ぶだけでなく、コンテンツを発信することに興味を持つ人にとって
インターネットテレビは新たな活躍の場になるはずです。

しかし、サイトを自ら立ち上げてインターネットテレビを配信するとなると、
コンテンツクリエイターには荷が重く、肝心のコンテンツ以外にエネルギーを
浪費させられ、無駄に苦労をすることになります。

では、どうすればよいか?
既存のサイトに乗っかればよいのです。

こういう流れの先駆けになりそうなのが、
委託配信もしてくれるオセロットというサイトです。



まだ立ち上がったばかりのようで、7部門のうち2つ(○印)しかコンテンツがありませんが、
これから要注目のサイトになると思います。

 ○ドキュメンタリー(ショートフィルム)
  映画・演劇
  講演・公演
 ○テレビドラマ
  eラーニング
  委託作品
  自主配信

「委託作品」以外にも、「eラーニング」も気になりますね。
無償の所はろくなモノがなかったし、
かといって、有償の所もポイントで選ぶことが出来なかったりで
結構高くつくことが多いので、そういう点が配慮されればと期待しています。
21:06 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑

テレビ観戦 - 内藤大助 vs 山口真吾

来週の火曜日、天皇誕生日にTBS系列で
WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助 vs 山口真吾」が放送されますね。
大方の男性諸兄と同じく、私もボクシング観戦が大好きです。
私の場合はボクシング以外の格闘技はどちらかと言えば苦手でして、
何故かボクシングだけが好きなんです。
たぶん、ショービジネス的な色彩が最も少なくて、
まさに一触即発の真剣勝負そのものである点がいいのだと思っています。

ボクシングは両の拳だけで戦うもので、極限まで反射を鍛え上げて
防御と攻撃をするのですが、これはもう芸術としか表現できません。
どんなに天才的な選手であっても、1発もパンチをもらわずに済むことは不可能で、
彼らはラウンドを重ねるごとにダメージを受け、苦痛にもがきながら
一瞬のチャンスをひたすら待つわけですが、
その一瞬をモノに出来るかどうかは神のみぞ知る世界なんですね。
まさに「必死」に何かを成し遂げようとする姿は神がかりです。

自分自身が誰か他人と拳を交えるなんてことは有り得ませんが、
(せいぜい温泉卓球くらいでしょうか 笑)
何かを守るためにボクサー達が戦う姿に、正直、感動を覚えます。
そうそう、「戦う」って、何かを守ることなんでしょうね。
彼らはプライドだったり、お金だったり、もっと純粋に妻子を
守ろうとして戦うのかも知れません。

TBSのサイトで投票をやっています。Wiiが当たるかも知れませんよ。


さっき投票した時は、336対62で、圧倒的に内藤大助選手が支持されていました。
私も内藤大助選手に入れたのですが、
どちらも大した怪我もせず、無事クリーンな試合になればいいですね。

試合、今からタノシミです。

19:42 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

テレビ観戦 - CWC準決勝

ガンバ大阪のマンチェスター戦。

今までファンじゃなかったけれど、
これから心を入れ替えて(笑)ファンになります。

ガンバ大阪、ありがとう。いい夢を見させてもらいました。




19:41 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

理想の快適さ

いつまでたっても、物欲というものからは
なかなか逃れることが出来ません。
いい年をしていて恥ずかしいと言えばそうなのかも知れませんが、
枯れてたまるか、欲しいものはやっぱり欲しい、
とやはり恥ずかしげもなく思ってしまいます。(笑)

こんなことを書くのは、ハーマンミラーのアーロンチェア
「アーロンチェア のある風景」というサイトを見てしまったからです。



良いものは良い。当たり前のことですよね。
そして、そう言う理想の快適さを手にした人がそこにいる。
何と羨ましく、悩ましいことでしょうか。

普段から何時間もキーボードを打ち続ける生活をしていますので
環境にはそれなりのコストをかけて、
可能な限り安楽に仕事が継続できるよう配慮していますが、
残念なことにあくまで「それなり」であって、決して理想の環境とは言えません。
  自然に腕を下ろした位置に肘掛けがあり、
  肘掛けの高さよりもさらに下側にキーボードがなくてはならない。
  肘掛けは、キーボードを打ちやすい位置に肘が置けるように
  可動式でなければならない。
  ディスプレイはその中心が目より下になければならない。
  イスの座面は腰を適度にサポートしなければならない。
これら最低限の条件を満足させるだけのイスは持っています。
でも、それだけではまだまだ理想のすわり心地を持つイスではありません。
アーロンチェアには遠く及びません。

アーロンチェアを買うとしたら、
同じような仕事を持つ同居人とペアでないと収まりがつかないでしょう。(笑)
となると、交換レンズ1本買えてしまいますねー。
買って買えない金額ではありませんが、う~ん・・・まったく悩ましいですね。
要は思い切り、ということなんでしょうか。

23:44 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑

冬のタノシミ

冬になり寒くなればなるほどソワソワし始めるのは
たぶん、私だけではないでしょう。

もうおわかりですね。
そう、冬本番になってこそウィンタースポーツが楽しめるからです!

ん10年のスキーキャリアを持ってはいますが
最近はもっぱらゲレンデをの~んびりクルージングするのがお気に入りです。
コブ斜もたまにはいいんですが、さすがに体力がもちません。(笑)

今シーズン特に楽しみにしているのは、スノボに初挑戦してみようと思っていることです。
スキーでの深雪滑走の浮遊感を、もっと楽に実現できないかと考えているうちに
ハタと思い当たったのがスノーボードです。
ショルダー部分が幅広のスキー板が新雪・深雪用としてあるわけだから、
スキー板2本分よりもさらに幅が広いスノーボードなら、
絶対楽に浮上できるはず! ですよね。
そう言えば、よく環境ビデオでパウダースノーをふわふわ落ちていく映像は
スノボーであることが多い気がします。必然があったんですね。
慣れ親しんだスキーのようにはいかないでしょうが、
新雪滑走が出来るようまじめに練習してみます。

そういうわけで、BURTONの直営オンラインストアあたりを物色中です。
スノボファッションって、本当に楽そうですね。
メタボ予備軍の私には、ゆるゆる感がたまらなく魅力的です。


23:38 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑

ノートンインターネットセキュリティ 2009 体験報告

とにかく軽くなったと噂のノートンインターネットセキュリティ 2009 体験版を試してみました。

実は前バージョン2008があまりに重くて他社ソフトにエスケープしていました。
それまで3バージョンにわたってノートンを使い続けてきただけに大変残念に思っていたのですが、
今回、非常に評判がいいと聞き、ノートン無料体験版を試してみる気になったというわけです。

で、先に結論。間違いなく軽いです。
ファイアーウォールが入っていることをまったく意識せずに済むのですから、
いかに軽いのかおわかりになるでしょう。
前バージョンとはまったく別次元の軽さである、と断言しても差し支えありません。

インターフェースもずいぶん使いやすい方向に振られており、
おそらく初めてファイアーウォールソフトを使う人でも迷うことはないと思われます。
ポート設定等の細かい設定は奥の方に入っていて、
以前のバージョンに慣れた人は戸惑う場合があるかも知れませんが、
これも慣れてしまえば見慣れたパネルに到達するのにそれほど時間はかからないでしょう。

さて、今回のバージョン2009の目玉ですが、
もちろん第一は、その軽さということになると思います。
それ以外に注目したいのは「インサイト」というサービスが追加されたことです。
例えば、何かのウィルスがパソコンに進入したのをスキャンでキャッチした時に
処理をどうするか、ノートンインターネットセキュリティ 2009を通して直接サポートを受けられるといったもののようです。
今回は体験版でしたのでサポートを受けるところまでは試せなかったのですが、
こういうサービスは大変便利でありがたいものだと思います。
自分でネットの情報を探し回ってどう処理するか決めなければならない場合の手間を考えると、
このメリットは非常に大きいものだと思いました。

ちょうど現在使用中のソフトの更新期限が近いので、
体験版の期限が切れるまで、ウィルス定義ファイルの更新が
どの程度頻繁に行われるのか十分確認してから購入の検討をしたいと思います。
(というのは、ファイアウォールソフトの善し悪しは定義ファイル更新頻度によって決まりますので。)

お年玉キャンペーンが既に始まっていまして、
2009年2月3日までの購入者にはモバイルノートが当たるなどのチャンスがあるそうです。悩ましいですね。(笑)

シマンテックストア




参考までに、スクリーンショットを貼っておきます。クリックすると原寸の画像を見ることが出来ます。

初期画面[初期画面]
すべての機能がこのパネルから始まります。
ライブアップデートによる定義ファイルの更新が
あと何分で始まるかの表示もあります。



システムの完全スキャン[システムの完全スキャン]
初期画面の「コンピュータ―今すぐにスキャン」を押し、
完全スキャンを選択するとこの画面となります。
完全スキャンはパソコン内をすべて調べるので
相応の時間がかかります。



スキャン中のタスクマネージャ[スキャン中のタスクマネージャ]
スキャニング中のタスクマネージャはこんな感じです。
実験台にしたのは今となっては非力なパソコン(Pen4 2.26GB + XPsp2)なので最新のものでしたらもっと負荷が低いことでしょう。
画面上で反転している ccSvcHst.exe がたぶんノートンのスキャナーだと思います。



ネットワークセキュリティマップ[ネットワークセキュリティマップ]
初期画面2段目「インターネット―ホームネットワークの表示」で
LAN上で稼働中のパソコンや各種デバイス類が表示されます。



デバイス信頼レベルの編集[デバイス信頼レベルの編集]
パソコン・デバイスをどう処理するか決定するパネルの表示です。
BAAはLAN上のサーバですので「デフォルト(共有)」となっています。
一つ上のラジオマーク「制限」にチェックを入れれば相手から自分のパソコンは見えなくなる訳です。



ライブアップデート画面[ライブアップデート画面]
ライブアップデートをするとこんな画面になります。
更新頻度は1日に何度もあるようで、かなり安心できるレベルだと感じました。無償のソフトにはまねが出来ないところです。



インサイト[インサイト]
スキャンが完了するとインサイトでパソコンの状態を診断することが出来ます。ちなみに、下から二つ目の winaw32.exe は同じノートンの pcAnywhere ですがバージョンが古いせいか信頼済みのお墨付きは頂けませんでした。
これってノートン君のお茶目なの?



インサイト - ワンクリックサポート[インサイト - ワンクリックサポート]
もし問題が発見されれば、この画面から直接サポートを受けることが出来るようです。
これは頼もしいですよね。
あまりパソコンのお守りに時間をかけたくないのでこういうのはありがたく感じます。




リンクシェア レビュー・アフィリエイト
17:47 | これ、いいかも | comments (0) | edit | page top↑

通勤電車の中

私は活字中毒で、四六時中何かを読まないではいられません。
通勤途中であってもやはり何か読み物がなくては落ち着きません。
10年も前なら車中にもそれなりのスペースがあって、
縦半折りなら朝刊を読んでもひんしゅくを買うようなことはありませんでした。
しかし、最近はひどく混雑するようになり、
文庫本程度でさえ広げるのが難しくなりました。

そんな活字マニアの苦しい状況に光をさしのべてくれるのが
電車の中に必ずある、あの中吊り広告です。

そう言えば、他にすることもないのでずっと読んでますよ、
とおっしゃる方が大半だろうと思います。
確かに情報としては尻切れトンボですが、
ほとんど内容が分からないだけにかえって
いろいろと想像する余地があり、十分に楽しめるような気がします。

実はこのブログにも「今日のナカツリ」というブログパーツを貼ってあります。
私もこれを眺めながら、それってどういうことなの?と思いつつ何か検索することがあります。


23:55 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

神戸ルミナリエ2008

ルミナリエ




今年も神戸ルミナリエが開幕しました。

開催期間:
 12月4日(木)~12月15日(月)


普段はあれから何年経ったとか考えませんが、
この時期から1.17にかけて、だんだんテンションが落ちていきます。


せめて華やかな光のページェントに
ひと時心を和ませてもらい、





また明日から頑張ろう、と決意を新たにしたいと思います。
20:20 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

歳末の風物詩

10年以上前までは、おせち料理は母から娘へ伝えていくもので、
もちろん各家庭では暮れも押し迫った27日頃から
おせちを作り始めたものだと記憶しています。

我が家では黒豆を二日がかりで炊くのですが、
黒豆の匂いが家中に染みわたると、
「ああ、今年ももう終わるんだな」とか
「来年はどうしようか」と、もの思いにふけるのが常でした。
言わば、黒豆が我が家の平安の象徴みたいなものでした。

時代は流れ、親も子も別々に暮らすことが多くなってくると
我が家の味はこうとか、伝えにくい時代になってしまいました。
よい伝統は次の世代へと残すべきですが、
一方で利便性を追求したとしても決して悪いことではないと思います。
まして、それが一流の料理人の手になるものであれば、
舌の勉強代として納得がいくというものです。
おいしいものを食べてこそ、奥様達の料理の腕が上がるはず。

私の場合、この時期の風物詩と言えなくもないのが
百貨店のおせち料理をネットで見比べることです。(笑)

この頃ではコンビニでおせちが買えるようになりましたが、
やはり、おせちは百貨店でないと。

さっきから高島屋のおせちをウォッチしていました。
高島屋のおせちの品数の多さには目を丸くします。さすが百貨店だけあります。
同時に、色の鮮やかさに気持ちも華やぐというものですね。

和・洋・中のメニューが揃っていて、量は少なくて良いから値段の安いものを探してみます。
たくさんありすぎて目移りしてしまうのは困りものですが、
悩むのも、まぁ楽しみのうちですか。

早くも「販売終了致しました」の札がついているものが現れ始めたので
決めるのをちょっと急がなければ。
う~ん、目移りする・・・。

高島屋

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
20:05 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

空き時間の過ごし方

いかにしてヒマをつぶすか、
もとい、ビミョーに使い途のない空き時間をつぶすか、についての第二弾です。
少しでもヒマがあれば身のまわりを掃除するなりすればよいのですが、
ちょっと今日は気が向かないな、なんて時はオンラインで時間を過ごすことにしています。

最近サインアップしたのが、SQUEAENIX@niftyがジョイントで作成した
ニコっとタウン(Nicotto Town)というオンラインの街です。

ニコっとタウンの仮想生活では、自分の家を持ち、タウンでおしゃべりしたり、
ブログを書いたり、ゲームをしたり、というふうに
まったく実生活と同じような日常を分身のアバターが代わりにしてくれるのです。

アバター(ニコットタウン)

ニコットタウンのアバターです。 (衣装はプレミアのノエルスーツ)

まるで着せ替え人形のように、様々な衣装を着せ替えできるのですが、
こういうのをやったことがない身にとっては少々気恥ずかしく思えます。

この衣装はプレミアですので購入するのに実際にお金が必要です。
種明かしをすると、実はこの画像は試着のキャプチャです。(笑)


さすがにお堅い会社が運営しているだけあって、
青少年に配慮して夜12時または12時30分に終了にするなど、
安心して仮想世界を満喫できるようになっています。

タウンでおしゃべりしたり、チャットルームに潜入した限りでは
今のところ20代後半までの年代層がほとんどのように感じました。
安心して誰とでも話せる装置という発想は悪くないので、
もっと他の年代層まで広がるようになれば、さらに面白くなるのでは。
22:59 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

時間が空いた時には

打ち合わせの約束が突然キャンセルになったとかで
ふと時間が空いたらどうしますか?
例えば、1週間ヒマになったら、もちろん旅行に出て最後に1日はゆっくり寝ますよね。
1日ヒマになったら、私ならカメラを提げて近場で花か鳥を撮りに行きます。

でも、自由になる時間が2時間だったら?

映画くらいが適当でしょうけれど、
わざわざ劇場まで行くとなると時間が足らなくなってしまいますね。

そんな時にどうするか、良いことをお教えしましょう。

フレッツユーザ限定サービスなので、
フレッツに入っていることが前提になりますが、
NTTレゾナントが「 シネマ・コンプレックスonフレッツ」というVOD配信サービスをしていて、
ちょっと時間がある時、私はこれを利用します。

ご存じの方も多いでしょうが、VODとは、ビデオ・オン・デマンド(Video On Demand)の略で、
観たい時にいつでも映画などを視聴できるという意味です。
一定期間内であれば、何度でも観ることが出来るので、
観ている最中に急用のために視聴を中断しなければならなくなったとしても安心です。
期間など関係なしに何度でも観たければ、ダウンロード販売があるので自分のパソコンに取り込んでしまうことも可能です。

部屋から出ずにいつでもお気に入りのハリウッド映画が観られるというのが
VOD配信サービスのありがたさですが、
NTTレゾナントが「 シネマ・コンプレックスonフレッツ」で私が最も気に入っているのが、
毎週火・水・木曜日の「ワン・コインキャンペーン」で、
名画をたった105円で観られることです。これは正直、ありがたい。(笑)

しかも、3Mb/sの高品質配信なので、映像が止まったり音飛びしたりすることもなく、まったく快適です。

オススメのヒマつぶしです。
シネマ・コンプレックスonフレッツ(フレッツ接続済の方はこちらから)



18:31 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑

クリスマスプレゼント

12月に入ったので、そろそろ母へのクリスマスプレゼントを選んでおかなくては。
故郷の母には正月が来れば会えるというものの、
日頃の無沙汰を先に詫びておく、というような意味合いもあって
このところクリスマスには何か贈る習慣になっています。

父が亡くなってからは一人暮らしが続いていますが、
最近気晴らしにウォーキングを始めたとか言っていたのを思い出し、
何か良さそうなグッズをネットで探してみました。

機能をアピールするもの、安楽さを売り物にするもの、
ぞれぞれアピールするものを感じましたが、
いや待て、母の好みがもう一つよくわかりません。

ちょうどそんな時にナイキでピッタリの企画があるのに気づきました。
NIKEiDのギフトカードというものです。

どのモデルにするかはこちらで選んでおいて、
ギフトカードの贈り先が(この場合、母ですね)自分の好みでカスタマイズ出来る―
これなら色使いなど母の好みで自由に決められるわけで、
きっと母も気分がいいでしょう。

膝が痛むことがあるとも言っていたので、やはりAirMAXがいいのかな。
NIKEiD.GIFTCARDにはメッセージを添えることが出来るのですが、
いつ帰れるか、日にちを書いてあげたらきっと喜んでくれるはずです。


22:43 | 雑感 | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。