スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

採用アウトソーシングを活用して人材確保

言うまでもなく、企業の存続・発展には必要な人材の確保は絶対に欠かせないものです。現在のこの不況はかえって採用には順風となるはずですが、好調な業績を誇っていても知名度がないばかりに採用戦線では苦戦を強いられている企業が多いのではないでしょうか。
また、人事に割ける人数が限られていれば、セミナーを開催することも、その場で学生への動機付けなどをするにもインパクトが不足するのか、なかなかうまくいかないのが現状のようです。
そこはやはり相応の専門性が必要で、アウトソーシング 採用代行会社の活用を考えるべきではないでしょうか。
採用代行 料金はどういう体系かと言えば、たとえばDYMだとサービスごとの料金となっていて、難易度・採用数などで変わるのですが、1ヶ月だけの採用窓口とか、1週間だけの面接代行も依頼できるなど、細かく相談できる態勢になっています。
中途採用も、もちろん新卒 採用代行も可能です。
優秀な人材を確保してさらなる発展を期するなら、一度採用アウトソーシングサービスを検討しても損はないでしょう。
スポンサーサイト
14:55 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑

資源を活用し、かつ、利口に暮らすということ

「利口に暮らす」なんて大仰な言い方で申し訳ないです。
先行き不安な世情の中でなんとか希望を持ちたいと思うと
知恵を絞っていくしかないだろう、ということで大げさなタイトルになってしまいました。

以前一度触れましたが、たとえばリユースのバッテリー、いわゆる再生バッテリーを例に挙げれば、
確かに使用済みのものに強化液を充填し、充電し直したものが再生バッテリーですが、
きちんとした会社のものなら、JIS規格(CCA)に基づいた性能試験で、材料となる中古バッテリーの選別からしっかりやっていますし、出荷の際にも、電圧12.5Vから12.7V以上あり、比重1.25から1.27以上であることを出荷の基準としています。CCA(始動能力)が新品バッテリーの90%から100%となれば、何が新品で、何が再生なのか、意味を再考しなくてはならないほどです。

寿命を心配するとしても、新品バッテリーの約1/4の価格なわけですから、
新品の約1/4の寿命があれば同等のコストパフォーマンスがあることになります。
もちろん、1年くらいでだめになるはずもなく、実際には、再生バッテリーの方が圧倒的にコスト面で有利です。

私の言う「利口に暮らす」とは、漫然と新品なら間違いないとは考えず、
このようなリユースも考えてみる、ということなんです。






21:42 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑

爽やかな季節にオリジナルTシャツ

ずいぶん風が心地よい季節になってきました。
こんな季節には、Tシャツ1枚が何とも気持ちいいですよね。

Tシャツって、何かのついでに買ったものが知らない間にたまっていって
首回りや袖がよれてきたら無造作に捨ててしまったりしていませんか?
たくさん枚数を持っていても、案外思い入れのある1枚というのがないのかもしれませんね。

私の場合、どうしても捨てられない1枚があります。
もうずいぶん前のことですが、学生時代にあるイベントの実行委員をしたことがあって、その時に作ったお揃いのTシャツは大事な思い出の品として大事にしまってあります。
もう着ることはありませんが、多分捨てることもしないはずです。

当時はオリジナルでそういったものを作ること自体、素人には難しかったように思います。
でも、今は、オリジナルのデザインを自分で考案する作業は、パソコンとグラフィックソフトがあればそれほど難しいことでもなくなりました。
Tシャツプリントする印刷工程は、さすがに慣れのない素人には敷居が高いかも知れませんが、
そこだけはオリジナルTシャツのプロにお任せすればよいわけですよね。

オリジナルTシャツであれ、オリジナルポロであれ、クラブや学校のクラス、あるいは家族の単位で揃えると、何かのイベントのよい思い出になること請け合いです。

オリジナルTシャツ プリント専門のラブラボというオンラインショップさんでは、
特に学生さん向けの特典サービスが充実しているみたいですよ。

16:10 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑

専門分野のポータルサイト

いわゆるポータルサイトと言えば、
とりあえずそこへ行って検索すれば、トレンドになっているものならすぐにヒットするでしょうし、
一般的にあまり関心を持たれないようなニッチなものでも、少なくとも何か手がかりを得られるといった役どころだろうと思います。

最近では、より専門化したポータルサイトが出現しているようで、
例えば、美容に興味を持つ女性一般に向けて、美容情報美容ニュースを提供する美容ポータルサイトがあります。

この種の専門ポータルサイトは、ツボにはまれば大変有用だと思われますが、まず、行ってみて自分の目で見てみることが大切でしょうか。



11:29 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑

自分の著作権の守り方

「著作権」という言葉は、今ではずいぶん耳慣れたものになりました。
著作権侵害で訴えたり、販売の差し止め請求が出されたり、
メディアに謝罪広告を出すよう求めたり、よくニュースで取り上げられていますね。

それでは、よく見聞きする「著作権」って、どういうものか説明できますか?
と問われるとハタと困ってしまいます。
話題になることが多いのにもかかわらず、意外によく知られていないのが「著作権」なのかも知れません。

著作権とは、特許権・実用新案権・意匠権・商標権などと同じ知的財産権の一つです。
財産権ですから、他人が勝手に使うことを法的に排除することが出来ますが、
特許権・実用新案権・意匠権・商標権などと決定的に異なることがあります。
他の権利が公的に登録することで権利が認められるのに対して、
著作権は、著作者が何か創造しただけで発生するもので、
公的な登録が不要だということです。

しかし、実際には「公的な登録が不要」だという利点よりも、
「公的な登録制度がない」デメリットの方が問題になるようです。
つまり、何か創造した時点で著作権が生まれるのはよいのですが、
無断でマネされても自分の方が先に公表した事実が証明できなければ
うやむやにされかねないのです。

有名な人が有名なメディアで著作を発表した場合には
いつ、誰が、何を、どこで公表したか明らかなので何の問題も起きないでしょうが、
普通の人が自分のHPやブログに小説や写真を掲載したからといって
著作権を主張しても、第三者に対して主張を通すのは結構骨が折れるかも知れません。

公的な認定機関がないのなら、それに準ずるようなところで「登録」するのが望ましいでしょう。
私的なところでも、法律事務所や行政書士事務所でそのようなサービス(著作権登録)を提供しているところを探せばよいわけです。
14:44 | トレンド | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。